2019年4月:OECDもデジタル課税への検討を本格的に開始  先月の記事で取り上げた通り、欧州主要国は大規模な節税を行っているGAFA(Google, Amazon, Facebook, Apple)等大手IT企業に対し、EU統一案の最終化を待たず既に独自の課税案を打ち出しましたが、経済協力開発機構(“OECD”)も本格的に動き出し、2月13日付で「デジタル経済における課税の挑戦」と題した公開草

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目